■LiveS Beyond2020 有料配信実績

 
<対象公演一覧>

  日程 会場 タイトル 観客(有or無)  収益モデル実績  システム・サービス
1 2020/8/16 G-COLLECTION アイドルサマー2020 視聴料2,000円×26名=52,000円  vimeo ondemand
2 2020/8/22 シネマテーク Jazzカルテット 有 2,500円×12名=30,000円  視聴料1,000円×10名=10,000円  ZAIKO 
3 2020/8/26 ガイルス 木原慶吾&スピリッツ「無観客STAY HOME LIVE」 ネット投げ銭 98,000円  LivepocketとBASE 
4 2020/9/12 ガイルス ケイタク「STAY HOME LIVE」 有 3,000円×8名=24,000円 応援投げ銭(リターン付き)180,000円  ケイタクWeb SHOPにて応援投げ銭(リターン付き) 
5 2020/9/16 ガイルス 葛城ユキ&スピリッツ「無観客STAY HOME LIVE」 ネット投げ銭 73,000円  Livepocket 
6 2020/10/6 LIVE BAR・雷神 Lew Bees ネット投げ銭 51,500円  YOUTUBEスーパーチャット(投げ銭)
7 2020/10/25 LIVE BAR・雷神 谷口 崇 無  ネット投げ銭 22,673円  YOUTUBEスーパーチャット(投げ銭) 
8 2020/10/30 ガイルス 千綿ヒデノリ「STAY HOME LIVE」 有 3,500円×18名=63,000円 ネット投げ銭 42,000円  Livepocket 
9 2021/2/11 シネマテーク 福音 有 2,500円×8名=20,000円 視聴料1,000円×5名=5,000円  ZAIKO 

 
<課題・気づき等>

  • ネット上で決済を行う際、料金お支払い後の確認メールやURL通達メールの返信が瞬時に行えない問題点があった。
  • 決済方法にカード/コンビニ/ケータイ各キャリア決済を設けたのは良かったが、この入金の確認作業に多少の時間を有す為、お客様側に不安を与えるケースがあった。
  • 大きなコンサートと違いライブハウスレベルだと当日開演時間ギリギリに駆け込みで入場される方も多く、ネット上での決済の場合即座に対応するのが難しい点などが挙げられる。
  • 生放送に間に合わなくてもアーカイブ機能(配信動画が保存された状態で後で見返せる)を3日間などと設定しておく事により、後でも見れると言うのは親切な方法だと思われる。
  • 配信するライブハウス側にとっても新しい取り組みであり、同時に動画投稿サイトやネットショップサイトもコロナの影響を受け、刻々と規約やサービス内容も変わっていっている状態であるように思われる。
  • 有料配信にて電子チケットの代行販売サービスを行う事業などももここ最近になっていくつか出始めていいるものの、こちらもお客様へのサービス・配慮や配信する側の使い勝手の良さなどにおいては発展途上の段階ではないかと思われる。
  • ひとつひとつの課題をクリアしながらお客様へ安心してご利用して頂き収益も見込める形へとライブハウスの新しいビジネスモデルへ発展していく為には、今後もチャレンジが必要かと思われる。

■LiveS Beyond2020 有料配信実績

 
<対象公演一覧>
 
2020/8/16 G-COLLECTION

  • アイドルサマー2020
  • 観客無 
  • 視聴料2,000円×26名=52,000円
  • vimeo ondemand

 
2020/8/22 シネマテークJazzカルテット 

  • 観客有 2,500円×12名=30,000円
  • 視聴料1,000円×10名=10,000円
  • ZAIKO 

 
2020/8/26 ガイルス木原慶吾&スピリッツ「無観客STAY HOME LIVE」

  • 観客無 ネット投げ銭 98,000円
  • LivepocketとBASE

 
2020/9/12 ガイルスケイタク「STAY HOME LIVE」

  • 観客有 3,000円×8名=24,000円
  • 応援投げ銭(リターン付き)180,000円
  • ケイタクWeb SHOPにて応援投げ銭(リターン付き)

 
2020/9/16 ガイルス葛城ユキ&スピリッツ「無観客STAY HOME LIVE」

  • 観客無 ネット投げ銭 73,000円
  • Livepocket

 
2020/10/6 LIVE BAR・雷神Lew Bees

  • 観客無 ネット投げ銭 51,500円YOUTUBE
  • スーパーチャット(投げ銭)

 
2020/10/25 LIVE BAR・雷神谷口 崇

  • 観客有 
  • ネット投げ銭 22,673円
  • OUTUBEスーパーチャット(投げ銭)

 
2020/10/30 ガイルス千綿ヒデノリ「STAY HOME LIVE」

  • 観客有 3,500円×18名=63,000円
  • ネット投げ銭 42,000円Livepocket

 
2021/2/11 シネマテーク福音

  • 観客有 2,500円×8名=20,000円
  • 視聴料1,000円×5名=5,000円
  • ZAIKO

 
<課題・気づき等>

  • ネット上で決済を行う際、料金お支払い後の確認メールやURL通達メールの返信が瞬時に行えない問題点があった。
  • 決済方法にカード/コンビニ/ケータイ各キャリア決済を設けたのは良かったが、この入金の確認作業に多少の時間を有す為、お客様側に不安を与えるケースがあった。
  • 大きなコンサートと違いライブハウスレベルだと当日開演時間ギリギリに駆け込みで入場される方も多く、ネット上での決済の場合即座に対応するのが難しい点などが挙げられる。
  • 生放送に間に合わなくてもアーカイブ機能(配信動画が保存された状態で後で見返せる)を3日間などと設定しておく事により、後でも見れると言うのは親切な方法だと思われる。
  • 配信するライブハウス側にとっても新しい取り組みであり、同時に動画投稿サイトやネットショップサイトもコロナの影響を受け、刻々と規約やサービス内容も変わっていっている状態であるように思われる。
  • 有料配信にて電子チケットの代行販売サービスを行う事業などももここ最近になっていくつか出始めていいるものの、こちらもお客様へのサービス・配慮や配信する側の使い勝手の良さなどにおいては発展途上の段階ではないかと思われる。
  • ひとつひとつの課題をクリアしながらお客様へ安心してご利用して頂き収益も見込める形へとライブハウスの新しいビジネスモデルへ発展していく為には、今後もチャレンジが必要かと思われる。